2019.02.22

『日常のお手入れ編』

それが知りたかった!プロが教えるフローリングのお手入れ。

みなさんフローリングのお手入れに困っていませんか?水拭きですか、それとも乾拭きですか。自宅のフローリングに本当にあったお手入れ方法がわかると、いつまでも綺麗に使うことができます。フローリングの種類によって、掃除方法やお手入れ方法は異なってきます。間違ったお手入れで傷めてしまわないよう、それぞれのフローリングに適したお手入れをすることが大切です。それでは、いくつかのお手入れポイントを一緒に見ていきましょう。

まずは種類と手入れの道具を知ること

『日常のお手入れ編』

下の図のように無垢フローリングか、複合フローリングかによって、使える器具、洗剤が異なります。正しい手入れの第一歩は、フローリングの種類と使う道具を間違えないことから始まります。

 

フローリングの種類掃除機乾拭き
モップ
水拭き洗剤化学
モップ
スチーム
洗浄機
ワックス
無垢フローリング
(オイル塗装)
××××
複合
フローリング
(ウレタン塗装)
天然木
(2mm)
× 不要
天然木
(0.3mm)
シート

オイル塗装?それともウレタン塗装?

フローリングの再塗装が必要かどうかは、フローリング表面の塗装方法によって異なります。塗装方法には、大きく分けて「オイル塗装」「ウレタン塗装」の2種類があります。
「オイル塗装」は木の表面に植物性オイルやワックスなどの油分を浸透させた塗装、「ウレタン塗装」は木の表面にUV塗料や樹脂を使用した塗膜を張った塗装です。このどちらであるかを把握しましょう。

  • image
  • image

オイルなら年1回、ウレタンなら必要なし

オイル塗装のフローリングは、住んでいるうちに徐々に表面の木がすり減る為、1年に1回程度、メーカー規定の塗料で再塗装することをオススメします。一方、ウレタン塗装のフローリングの表面塗膜は簡単にはすり減らない為、自分で再塗装する必要はありません。また、ワックスがけを行うと、フローリング表面の艶が製品本来のものと変わる可能性があるので、ご注意ください。

そのお手入れ、まった!覚えておきたい、組み合わせNG集

フローリングのお手入れには組み合わせにより、避けていただきたいものがいくつかあります。これを覚えておくだけで、大事なフローリングの劣化を防ぐことができます。

  • その1:

    オイル×水・クリーナーは NG!

    オイル塗装フローリングの場合は、表面に塗膜がないため水やクリーナー成分が染み込み、シミや変色を起こす恐れがあります。また、水拭きによって水分を含むと、フローリング表面が毛羽立つことがあります。

  • その2:

    オイル×化学モップはNG。ウレタンにも要注意

    薬品を含んだウェットタイプの化学雑巾や化学モップは、オイル塗装のフローリングには使用できません。ウレタン塗装のフローリングに使用する際も、水濡れ箇所やワックスがけの前後には使用しないで下さい。また、長時間フローリングの上に放置すると、薬品成分によって変色を起こしますので、ご注意下さい。

  • その3:

    フローリング×スチーム洗浄機はNG!

    熱や水分によって、フローリングに突き上げ、膨れ、ヒビワレ、カビ、変色。白濁などを生じる恐れがあります。使用はご遠慮ください。